[0](アルファベットの上)キーの使い方


公開 (UL): 2021-02-06
更新 (UD): 2021-02-06
閲覧 (DL): 2021-03-01

この記事のもくじ

前の記事

2021-01-26
[9](アルファベットの上)キーの使い方

次の記事

2021-02-22
[-](アルファベットの上)キーの使い方

最近の記事

2020-05-26
キーボードの「キー」の詳しい使い方
2021-01-26
[5](アルファベットの上)キーの使い方
2021-01-26
[6](アルファベットの上)キーの使い方
2021-01-26
[7](アルファベットの上)キーの使い方
2021-01-26
[8](アルファベットの上)キーの使い方
新着情報

新着情報 Recent docs.

Sorry, but almost these pages are only Japanese.
歴史が繰り返される理由 «How does the technology make fool generations.»
バレンタイン前夜(2021-02-13, 23:08)の最大震度6強地震で見えた「テクノロジーが愚かな世代を作る」仕組み。
詐欺メールを晒す! «A real phishing mail!»
サイト管理者の元に届いた「詐欺メール」を晒すとともに,その対処,防犯対策を紹介。
「モバイル Suica」2020年 12月~翌年3月で終了など機種まとめ «"Mobile Suica" will be stopped with these phones.»
12/22~来年3月までに「使えなくなる」などの機種テキスト一覧。
デジタル化なら「スタイル編集」すべき «Let's "Style-Editting" with word-processor application.»
ワープロで「書式設定」の代わりに「スタイル編集」することで使える様々な便利機能。
「差別意識」を世に広め続けるタテワリ行政 «"Tatewari" means hard to work over-ministries cooperation in Japan. I'm worried it makes racist mind.»
「タテワリ構造」が解消しないと「差別意識」も根絶できない話。

人気記事 Frequent view pages.

表計算で「令和」に対応する方法
How to adapt the Gengo era "Reiwa" on spreadsheet applicaiton.

古いアプリも OK。「表計算 令和」の検索結果上位御礼!
表計算ソフトで予定表を自動作成する超便利な方法 «How to make the schedule table automatically on spread-sheet.»
「毎月第○×曜日」的な法則は自動で作らせてラクしよう!
表計算ソフトに「個人情報保護機能」を仕込む方法 «Prevention to leak private-data with spread-​sheet macro function.»
「漏えい」のためのフェイルセーフ。「表計算 個人情報」の検索結果上位御礼!
Wary-Basher (ワリバッシャー)
DIY device that enables the handicapped to operate many things with a switch like push-button.

障害者の様々な操作をスイッチ操作で実現する器具。キットも発売中! 「作り方」PDF ダウンロード多数御礼!←地方教育委で人気。
NTT 東日本代理店の勧誘のあり方に対する疑問 «I feeled pretty doubt the solicitation of "Optical-fiber communication" from the agency of NTT-east corporation.»
「あえて」分かりにくい説明をする業者に儲けさせてはいないか?
貧乏人を殺す行政の構造 «Structurally, the administrators kill the poors in Japan.»
ヘタすると多摩川に流されるところだった台風 19 号

この記事に対する → 調布市の反応

おすすめ! Recommend

「事故防シート」について «Cared persons taking with "Jiko-​Bow-​Sheet" prevents from accidents.»
介護現場の負担軽減と事故防止のアイデア
キーボードの「キー」の詳しい使い方 «The detial of usage each key on keybord.»
各キーの機能詳細。機能別五十音順一覧。
和易ゐ記 (WAI-WIKI) «WAI-WIKI is light­weight markup language for Japanese, and generates HTML on this server on-​demand.»
当サイトで開発/使用中の日本語向けに特化した軽量マークアップ言語

ご支援 Support this site.

この活動をご支援いただける方はこちらへ
Could you support this site, see here (but Japanese).

● 一般的な用途

 [0](アルファベットの上)キーの代表的機能は以下のとおり。詳しい解説は後述の該当章を参照。

 英文配列のキーボードの場合,[Shift] と同時押しでは右丸括弧記号“)”が入力される。左丸括弧記号は [Shift]+[9] で入力されるようだ。

 ちなみに,筆者が日本語入力で使う「NICOLA(親指シフト)配列」の場合,同手シフト([0] に近い側の親指シフト〔たいていは [変換]〕キー)では左二重鍵括弧(『)が,また異手シフト([0] から遠い側の親指シフト〔たいていは [無変換]〕キー,「クロスシフト」と呼ぶこともある)では波ダッシュ(〜)が入力される。隣の [-] キーでは,同手シフトで右二重鍵括弧(』)が入力できる。

● 文字(0〔ゼロ〕,わ,を)の入力

 単独で押すと0〔ゼロ〕が入力される。[Shift] キーと同時に押しても特に文字入力は起きない。この「0」の文字コードより 16 小さい,つまり二進数で「16 の位」のビットが異なる文字はスペースになる。

 なお,かな入力モードでは「わ」が入力され,[Shift] キーと同時に押した時には「を」が入力される。
  [3] のキーの説明で「あ」が入力されることの不満を述べたが,この「わ」も「あ」と同様,「小文字(ゎ)」があるのだが……なぜかこのキーだけ,[Shift] キーで小文字ではなく助詞の「を」が入力される。
 もっとも,パソコンでまだ漢字が使えなかった頃,既に規格が決まっていた半角のカタカナには,「ァィゥェォッャュョ」の小文字はあったが,この「わ」の小文字は存在しなかったから,その時点で入力を考慮する必要性もなかったわけだが。しかも,たしかに小文字の「わ」なんて,現代仮名遣いではあまり使わないし。
 だが,助詞の「を」はけっこう使う。それなのに,キー入力時に手間のかかる「[Shift] キーを押しながら」入力する割り当てにしてしまった判断は疑問。しかも,ホームポジション(ASDFJKL;のキー)から離れた位置にあるってのが,追い討ちをかけるように煩わしい。
 ちなみに,NICOLA(親指シフト)の「を」は,ホームポジションである [A] キーの同手シフトのため,わりと打ち易い。

 「あ」など,小文字のあるかなを数字キーで入力するよう配置したのは大きな失敗だと感じている点についての詳細は,以下を参照。

▼ [3](アルファベットの上)キーの使い方
http://treeware.jp-help.net/?dkbd17

● 等倍(100%)表示(ブラウザなど)

 アプリによっては [Ctrl]+[0] のキー操作で,等倍表示(通常表示,100% 表示)にする機能が働くものがある。
 たとえば,ウェブブラウザでは見ている記事を拡大/縮小して表示する機能があるが,通常と異なる倍率で表示している時に [Ctrl]+[0] と押すと 100% の表示に戻る。
 筆者が使っているエディタなどでも機能したので,ブラウザの他にもこの機能が働くものがあると思われる。

 拡大表示機能は,弱視など目の悪い人が使う機器で役に立つだろう。その際,この [Ctrl]+[0] 操作で通常の倍率に戻せることを知っていると,同じ機械を周囲の人と共有して使う時などに便利だろうと思う。

◆ 表示の拡大/縮小操作

 なお,拡大は [Ctrl]+[+],縮小は [Ctrl]+[-] のキー操作でできることが多い。ただこの操作は,アルファベット側の [+],[-] キーでは機能しないアプリもあるが,テンキー側ならたいてい機能する。
 障害者が使う場合,補助機能を利用すると使えることがある。たとえば Windows の場合は,「スティッキー(固定)キー機能([Ctrl] キーなどを『一旦指を離しても』使えるようにするもの)」で [Ctrl] キーを2回押してロックしておいて,テンキーの [+],[-] キーで拡大縮小操作ができる。拡大縮小の調整が終わったら,最後にもう一度 [Ctrl] キーを押してロック解除するのを忘れないように。
 基本的には,この拡大縮小の操作は,地図の縮尺の変更や,ワープロなどその他の幅広いアプリで機能する。ただその際,「拡大縮小させたい表示(地図画像など)の上」にマウスカーソルや指を置いて操作しないと正しく機能しない場合があるので注意。
 また,機種にもよるが,拡大と縮小は以下の操作でも可能な場合がある。なお「タッチパッド」とは,ノートパソコンの手前についている,マウス操作用の四角い(Let's note では円形)エリアのこと。

 この「ピンチアウト,ピンチイン」の操作は,タブレットやスマホでもアプリによっては有効に機能する。



© M.Ishikawa; TREEWARE 2021.