[F10] キーの使い方


公開 (UL): 2020-09-06
更新 (UD): 2020-09-06
閲覧 (DL): 2020-10-01

この記事のもくじ

前の記事

2020-08-27
[F9] キーの使い方

次の記事

2020-09-27
[F11] キーの使い方

最近の記事

2020-05-26
キーボードの「キー」の詳しい使い方
2020-08-27
[F8] キーの使い方
2020-08-27
[F6] キーの使い方
2020-08-27
[F7] キーの使い方
2020-08-20
[F5] キーの使い方
新着情報

新着情報 Recent docs.

Sorry, but almost these pages are only Japanese.
「差別意識」を世に広め続けるタテワリ行政 «"Tatewari" means hard to work over-ministries cooperation in Japan. I'm worried it makes racist mind.»
「タテワリ構造」が解消しないと「差別意識」も根絶できない話。
[F11] キーの使い方 «[F11] key makes "Full-screen" mode.»
[F11] キーの「全画面表示」機能についての解説。

キーの機能別五十音順一覧
「事故防シート」について «Cared persons taking with "Jiko-​Bow-​Sheet" prevents from accidents.»
介護現場の負担軽減と事故防止のアイデア
表計算ソフトに「個人情報保護機能」を仕込む方法 «Prevention to leak private-data with spread-​sheet macro function.»
「漏えい」のためのフェイルセーフ
和易ゐ記 (WAI-WIKI) «WAI-WIKI is light­weight markup language for Japanese, and generates HTML on this server on-​demand.»
当サイトで開発/使用中の日本語向けに特化した軽量マークアップ言語
リンク違ってました。すいません。

おすすめ! Recommend

貧乏人を殺す行政の構造 «Structurally, the administrators kill the poors in Japan.»
ヘタすると多摩川に流されるところだった台風 19 号

 ↑
この記事に対する調布市の反応

人気記事 Frequent view pages.

表計算で「令和」に対応する方法
How to adapt Gengo "Reiwa" on spreadsheet applicaiton.

古いアプリも OK。「表計算 令和」の検索結果上位御礼!
NTT 東日本代理店の勧誘のあり方に対する疑問 «I feeled pretty doubt the solicitation of "Optical-fiber communication" from the agency of NTT-east corporation.»
「あえて」分かりにくい説明をする業者に儲けさせてはいないか?
Wary-Basher (ワリバッシャー)
DIY device that enables the handicapped to operate many things with a switch like push-button.

障害者の様々な操作をスイッチ操作で実現する器具。キットも発売中!

ご支援 Support this site.

この活動をご支援いただける方はこちらへ
Could you support this site, see here (but Japanese).

● 一般的な用途

 [F10] キー(エフテンキー,エフジューキー)の代表的機能は以下のとおり。詳しい解説は後述の各該当章を参照。

 全般的に「メニュー表示」に関わる機能が多い。

● 半角英数にする(日本語入力)

 アプリの操作ではないが,日本語入力時に,入力中の文字,あるいは現変換箇所を半角英数にする機能が働くことが多い。[F9] キーは全角になるが,[F10] では半角の英数になる。
 この機能は知っているとかなり便利。たとえば,ローマ字入力では,「YOUTUBE」と入力したくても,そのまま打つと「ようつべ」と表示されてしまう。その時 [F10] キーを押すと「youtube」になり,もう1度押すと「YOUTUBE」になる。なお通常はかな入力時に押された [Shift] キーも有効であることが多く,その場合,Y と T のキーを押した時に [Shift] キーが押されていれば,[F10] キーで「YouTube」になる。
 一方,かな入力モードでは,打ったキーに対応する英数に変換されるため,数字や丸括弧,疑問符(?)などの英記号を入力する時に,都度「英数モード」との切り替えが不要になって便利。たとえば,かな入力モードで日付を入力するために「2020/08/27」と打つと「ふわふわめわゆめふや」と表示されてしまうが,そこで [F10] キーを押せば,前出日付の半角文字に変換される。
 なお,このキーも [F9] キーと同様,何度か押すと,「全小文字→全大文字→先頭だけ大文字」を繰り返す。ただ,おそらく,正確には「全小文字」ではなく,[Shift] を反映した文字になると思われる。
 半角英数字は,ワープロやウェブページなどでは「英文(の一部)」として扱われ,原則として単語や複数桁の数値の途中では改行されないため,読み易くなる。英単語や複数桁の数を記載する時は,この [F10] による半角英数への変換を使ったほうがいい。

 なお,日本語入力機能で使えるこの手の便利な変換操作については,以下にまとめてある。

▼ 「あとから変えられる」日本語変換の便利機能
http://treeware.jp-help.net/?dstk5

● メニュー(バー)をプルダウン表示

 [F10] の単独押しで,使用しているアプリのメニューバーの一番左端のメニュー項目(多くは「ファイル」のメニュー)をプルダウンで一覧表示する。直後から項目選択操作状態になり,以降は矢印キーで項目を選んで [Enter] キーで実行できる。
 メニューバーの項目選択操作を止めたい時は,[ESC] キーを押す。

 最近はデザイン上,メニューバーが表示されていないアプリも多くあるが,そんな時はこの操作で表示させることができる。
 似た機能として [Alt] キーを押し(て直ぐ放し)た時にも,アプリのメニューバーが表示されることがある。ただ,その場合はたいてい,メニューバーが表示されるだけで,メニュー項目のプルダウン表示はされない。が,項目選択操作状態にはなっているため,矢印キーで項目を選んで [Enter] キーで実行することができる。

● コンテキストメニューを表示

 [Shift]+[F10] と押すと,コンテキストメニューを表示する。直後から項目選択操作状態になって,以降は矢印キーで項目を選んで [Enter] キーで実行できる。
 「コンテキストメニュー」とは,そのメニュー表示をする操作の直前まで注目していた(フォーカスがあった)ものや,選択していたもの,あるいはマウスで右クリックしたものに対して,「それを対象として何ができるか」の項目の一覧のこと。

 じつは,その「コンテキストメニュー」に該当するものを表示させる操作は,以下の3種類ある。

 これら操作で表示されるメニュー内容は,ほぼ同一の場合もあるが,アプリによっては異なることもある。上記操作で表示されるメニューの内容がほぼ同一であれば,[Shift]+[F10] 操作は,マウスの右クリックの代わり,あるいは,たまたまアプリケーションキーがないキーボード(IBM 時代の Think Pad とか)使用時,その代替操作として使える。

◆ 「バリアフリー」のために統一すべき

 個人的には,統一して欲しいところ。つまり,述べたどの操作でも,同じメニューの内容にすべきではないかと思っている。「ややこしい」というのもあるが,どちらかというと「バリアフリー」の観点が強い。世の中には,マウスがうまく使えないために,やむを得ずほぼ全てキーボードで操作している人もいる。そうした人は,マウスで右クリックしないと表示されないメニュー項目があると,その機能は使えなくなってしまう。そうした意味で,同じであるべきだと思うわけだ。
 が,一般的にアプリを開発する側は「そんなの知ったこっちゃない」状態であることが多い。たとえば,筆者がパソコン指導をしていたある障害者の場合,マウスが使えないため,絵の描き方を教えるにあたり,キーボードでマウスカーソルを動かして描く方法を伝えていた。マイクロソフト社製のワープロソフト「ワード」がインストールされていたので当初はそれで指導していた。キーボードは比較的簡単に操作できる方だったため,アプリケーションキーを押して表示されるメニューで済めば問題はなかったのだが,どうしてもマウスで「右クリック」しないと使えないメニュー項目がある。キーボードで「右クリック」に相当する操作もできなくはないが,その方にとってかなり複雑で,誤操作を連発することが予想できた。仕方なく,マイクロソフト社製ではないアプリで,アプリケーションキーを押した時と右クリックした時に表示される「コンテキストメニュー」の内容がほぼ同じものをインストールし直すことで,何とか円滑な描画操作を実現できたのだった。やれやれ。

 いくら周囲が使っているから,あるいは,一般的に多く使われているからと言って,障害者が使うアプリも「(健常者と同じ)『ワード』でなければならない」といった感覚でいると,余計な手間(誤操作を多発させて修正の手間を増大させるなど)を押し付けることになり,時として自己実現への「やる気」を削いでしまう原因にならないだろうか。逆に,「ワード」という,ほぼ健常者だけを対象として作られたアプリしか見ずに,「これを障害者に使わせるのは無理ね」と判断し,引いては「パソコンなど使わせられない」と判断されたりしていないだろうか。そうした判断が,障害者の QOL(生活の質)の向上を妨げているのではないかという懸念を持っている。筆者と同様,障害者にパソコン指導をする立場の方は,ぜひ柔軟に対応して欲しいところだ。



© M.Ishikawa; TREEWARE 2020.