[F] キーの使い方


公開 (UL): 2021-10-25
更新 (UD): 2021-10-25
閲覧 (DL): 2021-12-07

この記事のもくじ

→本文へ
当サイトは SNS の公式アカウントがないので,「議論ネタ」にする際は,皆さんのブログ,メーリングリスト,SNS や掲示板などで,適当にハッシュタグを付けたりリンクを掲載するなどしてご利用ください。

前の記事

2021-09-21
[E] キーの使い方

次の記事

2021-11-29
[G] キーの使い方

最近の記事

2020-05-26
キーボードの「キー」の詳しい使い方
2021-11-29
[H] キーの使い方
2021-09-06
[D] キーの使い方
2021-07-26
[B] キーの使い方
2021-07-26
[C] キーの使い方
新着情報

新着情報 Recent docs.

Sorry, but almost these pages are only Japanese.
「折り畳み」の魅力 «DIY! Handmade foldable stool.»
自設計&製作折り畳みスツールが超便利だった件。
今どきの企業の意識の危うさ «I'm afraid recent companies provides services depend on the account of other companies like GAFA.»
他企業のアカウントを利用したサービスの危うさを指摘。
「使命」を捨てる日本のマスコミ «The Japanese mass-communication companies desert their essential missions, and make worse in society.»
日本のマスコミが「社会的問題を悪化させる」ような報道を続ける構造的問題。
現場を知らないメーカーの夢想 «Makers say "we'll make good!" without investigation of working on-the-job.»
日経新聞記事の感想。「遠隔操作ロボットが医療介護現場で人材を活かす」という眉唾。
「マイナンバー」が危険なこれだけの理由 «The reasons of "My-Number System" is danger.»
それでも「マイナンバー」を推す裏の理由を推察。

人気記事 Frequent view pages.

[半角/全角/漢字] キーの使い方 «What functions does [半角/全角/漢字] key have.»
アクセス急上昇! 日本語モードかどうか確認せず確実な文字入力を実現する方法。
表計算で「令和」に対応する方法
How to adapt the Gengo era "Reiwa" on spreadsheet applicaiton.

古いアプリも OK。「表計算 令和」の検索結果上位御礼!
表計算ソフトで予定表を自動作成する超便利な方法 «How to make the schedule table automatically on spread-sheet.»
「毎月第○×曜日」的な法則は自動で作らせてラクしよう!
表計算ソフトに「個人情報保護機能」を仕込む方法 «Prevention to leak private-data with spread-​sheet macro function.»
「漏えい」のためのフェイルセーフ。「表計算 個人情報」の検索結果上位御礼!
Wary-Basher (ワリバッシャー)
DIY device that enables the handicapped to operate many things with a switch like push-button.

障害者の様々な操作をスイッチ操作で実現する器具。キットも発売中! 「作り方」PDF ダウンロード多数御礼!←地方教育委で人気。
貧乏人を殺す行政の構造 «Structurally, the administrators kill the poors in Japan.»
ヘタすると多摩川に流されるところだった台風 19 号

この記事に対する → 調布市の反応

おすすめ! Recommend

「事故防シート」について «Cared persons taking with "Jiko-​Bow-​Sheet" prevents from accidents.»
介護現場の負担軽減と事故防止のアイデア
【連載】 キーボードの「キー」の詳しい使い方 «The detial of usage each key on keybord.»
各キーの機能詳細。機能別五十音順一覧。
和易ゐ記 (WAI-WIKI) «WAI-WIKI is light­weight markup language for Japanese, and generates HTML on this server on-​demand.»
当サイトで開発/使用中の日本語向けに特化した軽量マークアップ言語

ご連絡 For contact safely.

当サイト管理者(石川)への連絡内容の機密保持には,こちらで取得できるパスワードをご利用ください。 Get password for file(s) encryption to send the admini­strator of this site M.Ishikawa.

ご支援 Support this site.

絶賛 コロナ失業中!!

この活動をご支援いただける方はこちらへ Could you support this site, see here (but Japanese).

● 一般的な用途

 [F] キーの代表的機能は以下の通り。「検索」に関わる事項が多い。詳しい解説は後述各章を参照。

● 文字「F,は」の入力

 単独で押すとアルファベットの「f」が,[Shift] キーと同時に押すと「F」が入力される。fの文字コードはFより 32 大きい。つまり,二進数では第5ビット(2^5 の位)が異なるだけ。

 なお,かな入力モードでは「は」が入力される。「は行」の文字のうち,このキー周辺にあるのは「ひ」だけで,「は行」のかな文字の配置は,なぜかバラバラである。

 ちなみに,筆者が日本語入力で使う「NICOLA(親指シフト)配列」の場合は,シフトなしで「け」,左親指(同手)シフトで「ゅ」,また,右親指(クロス)シフトで「げ」が入力される。

● 「ファイル」メニューを開く

 [Alt]+[F] のキー操作で,「ファイルメニュー」が開く。ファイルに深く関わる事項をまとめてあり,現在扱い中のファイルの保存や印刷,また別のファイルを開きたい,終了する……などの操作ができる。

● ファイル内の文字検索

 何らかの文書を閲覧,または編集するアプリでは,[Ctrl]+[F] 操作で,そのファイル内の文字を検索する画面が出る。
 1回検索したら,[F3] キーで次の一致箇所を探す機能が働くことが多い。また,[Shift]+[F3] では,現在位置より前の一致箇所を探す。

◆ 文字コード 6(ACK)の入力

 ちなみに,「ターミナル」など,文字のみやりとりするコンピュータ通信では,[Ctrl]+[F] のキー操作で文字コードの 6 が入力されることがある。ASCII コードの 6 は,ACK(Acknowledge)と呼ばれるコントロール(制御)コードで,文字通信以外ではそれほど重要性はないが,意味としては「通信正常」的なもの。元々は通信相手の機械に対して,受信内容に誤りがなかったことを伝えるのに使われていたと思われる。
 ちなみに「通信失敗」を意味するのは ASCII コードの 21 である。
 通常は画面に表示される文字はないが,このコードを可視化する方法として“^F”などの表記が使われることがある。ちなみにFはアルファベットの 6 番目の文字で,文字コードは 70〔十六進表記 46H〕。ACK の文字コードよりも 64〔40H〕だけ大きい。つまり二進数では第6ビット(2^6 の位)が異なるだけ。

● メールのメッセージ検索

 メールソフトでは,[Shift]+[Ctrl]+[F] の操作をするとメッセージの検索画面が出るものがある。
 この検索は,前述の「ファイル内の文字検索」と異なり,メール本文にどんな言葉が含まれるかだけではなく,差出人は誰か,受取人に特定の人が含まれるか,日付は何日か,特定の日より前か後か,などの条件を組み合わせて指定した検索ができる。
 たとえば「件名に“【商品A】”が含まれる」で検索すると,発信者が誰であれ,その「商品A」に関係するメールだけを瞬時にまとめることができる。ただしそれが可能になるのは,商品Aに関係するメールの件名に,必ず“【商品A】”を含ませるようにしていればの話。メールの「件名」はよく考えて付けるようにして,特に仕事で使うメールは,まず「件名の決まり」をしっかりと作っておくことで,この検索機能を利用して探し出し易くなる。

 なお,このメッセージ検索機能はたいていのメールソフトに備わっているので,[Shift]+[Ctrl]+[F] の操作で出て来ない時でも,メニューの中に該当する項目が存在する可能性が高い。

● 検索画面を呼び出す

 [Win]+[F]([Win] は Windows のマークのあるキー)のキー操作で,検索画面が開く。そのパソコンに保存されているファイルの中で,特定の形式や日付,中に含まれる内容など,様々な条件の検索ができる。



© M.Ishikawa; TREEWARE 2021.