[半角/全角/漢字] キーの使い方


公開 (UL): 2020-11-07
更新 (UD): 2020-11-07
閲覧 (DL): 2022-01-28

この記事のもくじ

→本文へ
当サイトは SNS の公式アカウントがないので,「議論ネタ」にする際は,皆さんのブログ,メーリングリスト,SNS や掲示板などで,適当にハッシュタグを付けたりリンクを掲載するなどしてご利用ください。

前の記事

2020-10-26
[F12] キーの使い方

次の記事

2020-11-29
[1](アルファベットの上)キーの使い方

最近の記事

2020-05-26
キーボードの「キー」の詳しい使い方
2022-01-24
[I] キーの使い方
2021-11-29
[G] キーの使い方
2021-11-29
[H] キーの使い方
2021-09-21
[E] キーの使い方
新着情報

新着情報 Recent docs.

Sorry, but almost these pages are only Japanese.
当サイトの記事をブラウザを使わず読む方法 «How to read webpages on this site without browsers.»
当サイトだからできる,音読ソフトに直接読ませたりする方法など。
「折り畳み」の魅力 «DIY! Handmade foldable stool.»
自設計&製作折り畳みスツールが超便利だった件。
今どきの企業の意識の危うさ «I'm afraid recent companies provides services depend on the account of other companies like GAFA.»
他企業のアカウントを利用したサービスの危うさを指摘。
「使命」を捨てる日本のマスコミ «The Japanese mass-communication companies desert their essential missions, and make worse in society.»
日本のマスコミが「社会的問題を悪化させる」ような報道を続ける構造的問題。
現場を知らないメーカーの夢想 «Makers say "we'll make good!" without investigation of working on-the-job.»
日経新聞記事の感想。「遠隔操作ロボットが医療介護現場で人材を活かす」という眉唾。
「マイナンバー」が危険なこれだけの理由 «The reasons of "My-Number System" is danger.»
それでも「マイナンバー」を推す裏の理由を推察。

人気記事 Frequent view pages.

表計算で「令和」に対応する方法
How to adapt the Gengo era "Reiwa" on spreadsheet applicaiton.

古いアプリも OK。「表計算 令和」の検索結果上位御礼!
表計算ソフトで予定表を自動作成する超便利な方法 «How to make the schedule table automatically on spread-sheet.»
「毎月第○×曜日」的な法則は自動で作らせてラクしよう!
表計算ソフトに「個人情報保護機能」を仕込む方法 «Prevention to leak private-data with spread-​sheet macro function.»
「漏えい」のためのフェイルセーフ。「表計算 個人情報」の検索結果上位御礼!
オランダの介護に対する考え方一例
大学などからのアクセス多数! 検索語「オランダ 介護の考え方」での上位御礼!
Wary-Basher (ワリバッシャー)
DIY device that enables the handicapped to operate many things with a switch like push-button.

障害者の様々な操作をスイッチ操作で実現する器具。キットも発売中! 「作り方」PDF ダウンロード多数御礼!←地方教育委で人気。
貧乏人を殺す行政の構造 «Structurally, the administrators kill the poors in Japan.»
ヘタすると多摩川に流されるところだった台風 19 号

この記事に対する → 調布市の反応

おすすめ! Recommend

「事故防シート」について «Cared persons taking with "Jiko-​Bow-​Sheet" prevents from accidents.»
介護現場の負担軽減と事故防止のアイデア
【連載】 キーボードの「キー」の詳しい使い方 «The detial of usage each key on keybord.»
各キーの機能詳細。機能別五十音順一覧。
和易ゐ記 (WAI-WIKI) «WAI-WIKI is light­weight markup language for Japanese, and generates HTML on this server on-​demand.»
当サイトで開発/使用中の日本語向けに特化した軽量マークアップ言語

ご連絡 For contact safely.

当サイト管理者(石川)への連絡内容の機密保持には,こちらで取得できるパスワードをご利用ください。 Get password for file(s) encryption to send the admini­strator of this site M.Ishikawa.

ご支援 Support this site.

でも絶賛 コロナ失業中!!

この活動をご支援いただける方はこちらへ Could you support this site, see here (but Japanese).

● 一般的な用途

 [半角/全角/漢字] キーの代表的機能は以下のとおり。詳しい解説は次章を参照。

 じつはこのキーの位置は,英語用のキーボードでは,単独で押した時はバッククォート(`),[Shift] キーを押しながらだとチルダ(~)を入力するのに使うキーがある。実際,キーボード設定が「英語モード」になっているパソコンでは,このキーでそれらが入力されるようだ。
 逆に,英語用キーボードで,[Alt] キーを押しながら同じ位置にあるキー(つまりバッククォートのキー)を押すと,日本語入力モードにすることができるらしいが,筆者は試したことがない。

● 日本語入力機能(IME)の有効/無効の切り替え

 [半角/全角/漢字] キーを単独で押すと,通常の半角英数入力時には「日本語入力モード」に,日本語入力モード時は「半角英数モード」に……と,交互に切り替わる。技術屋は時としてこの切り替え方式のことを「トグル」と呼ぶことがある。
 日本語入力モードの切り替えにこのキーを使う人もけっこういるのではないかと思うが,じつは筆者はこの「トグル」が嫌いで,あまり使わない。なぜ嫌いかというと……別に筆者ではなくても,[Num Lock] というキーで少々煩わしい思いをした人がいるのではないだろうか。理由はそこ。
 キーボードの右のほうにある「テン・キー」という数字キーで数値を入力しようとして [Num Lock] キーを押したけどうまくいかない……と思ったら,じつは [Num Lock] 状態を「解除していた」という経験をした人が,けっこういるのではないか。表計算で数値の入力をする時に,「テン・キーならばブラインドで打てるぜー!」とか思ってチョーシこいて,数字打っていたつもりが,ただ単にセル間を行ったり来たりしているだけだったとか,別のセルのデータを壊していたりとか……。これはつまり「押す度に切り替わる」方式は,「次に押した時どっちの状態になるか」分かりにくいということ。それでもまだ [Num Lock] なら,キーが数字入力モードかどうかを示すランプが付いているから分かる。が,日本語入力モードにはそれがない。「言語バー」と呼ばれるインジケータの表示の有無で判断できればいいが,半角英数モードの時も表示されていることもあり,そこにあるモード表示も小さいため,パッと見で分かりにくかったりする。時々,その「言語バー」がどこにあるのかも分からなくなることもある。

 では,このキーを使わず,どうやって切り替えているのかというと,「日本語入力モード」へと「英数モード」への切り替えを異なるキーでしている。
 まず「日本語入力モード」へは,[ひらがな/カタカナ] キーを押している。筆者が普段使っている Linux では,「そうなるよう設定」しているが,Windows あたりのパソコンでは,特に設定をしていなくても,「『ひらがな』のキーを押したのなら,日本語を使うのだろう」と解釈され,たいてい日本語入力モードに切り替わる。重要なのは,そのキーは「再度押しても英数モードに戻らない」点だ。
 で,「英数モード」へは [英数/Caps Lock] キーで切り替えている。これは,たいていのパソコンで「そうなるよう設定」する必要がある。

▼ 筆者のパソコン(Linux SCIM)での設定
筆者のパソコン(Linux SCIM)での設定

 もちろん,このキーも「再度押しても日本語モードにならない」ようにしておく。「英数」と書いてあるくらいなのだから,確実にそのキーで「英数モード」になるようにしておく。Windows 機の元々の設定は,[英数/Caps Lock] キーでは「(全角)英数⇔かな入力」が切り替えられるが,この「通常入力モード(=半角英数モード)」に「IME-オフ」の設定をし,他も「IME-オン/オフ」の設定にする。こうしておけば,通常入力モードから「IME-オン」にならないから,それで大丈夫。

▼ Windows 機(XP)での設定例
Windows 機(XP)での設定例

 すると,日本語で入力したければ最初に [ひらがな/カタカナ] キーを押して入力を始めればよく,半角英数ならば [英数/Caps Lock] キーを最初に押せばいいことになる。つまり,「今どっちモードなのか」の確認の必要がなくなり,入力したい文字と異なるモードであったために打ちかけた文字を消したり……といった無駄がなくなる。
 逆に,[半角/全角/漢字] キーにあるような「モードを切り替える」キー操作では,「モード確認」の手間や,押す回数を間違って「モード違い入力による修正」を余儀なくされるわけだ。こうしたちょっとした設定の変更で,ストレスが軽減されることもある。

 なお,[英数/Caps Lock] キーで「(全角)英数⇔かな入力」を切り替えていた方で,特に「日本語の中に部分的に英数を入れたい」場合,[F9] や [F10] キーなどで代替できると思う。詳しくは以下を参照。

▼ [F9] キーの使い方(全角英数への変換)
http://treeware.jp-help.net/?dkbd10
▼ [F10] キーの使い方(半角英数への変換)
http://treeware.jp-help.net/?dkbd11

 というわけで,効率を重視する人に,この [半角/全角/漢字] キーによる日本語入力モードの切り替えは,あまりオススメできない。



© M.Ishikawa; TREEWARE 2022.